Microsoft Office 365

 

業務効率向上に役立つオールインワン クラウドサービス

 
 

 
 

Microsoft社が持つ最新のオフィスツールをいつでもどこでも必要なときに

マイクロリンクが自信をもっておすすめするクラウドサービス Microsoft Offie 365。
マイクロソフト認定の Gold クラウド コンピテンシー パートナーとして、最適なプランのご提案、サービスの構築やデータの移行、
連携する独自システムの開発など、多岐にわたりサポートすることが可能です。ぜひ一度ご相談ください。
 
 
 

 

Microsoft Office 365 とは

Microsoftが、常に最新のWord、Excel、PowerPoint、Outlookなどのオフィスツールを提供するサブスクリプションサービスです。
ブラウザを通してクラウド上で展開されるため、今までのようにPCにソフトをインストールしたり、更新する必要がありません。
使用権がユーザー個人に付与されるため、様々なデバイスで使用でき、インターネット環境下であればいつでもアクセスが可能です。

Excelなどで作成された資料を共有すれば、複数で同時にリアルタイム編集が可能になり、遠隔地同士の作業もスムーズに行えます。
Skype(Web会議システム)OneDrive(オンラインストレージ)Teams(チャットツール)などのビジネスツールも備えています。
使用するツールだけを選びカスタマイズすることが可能で、使用するツールだけにしか費用が発生せず、コストを削減できます。

 

営業メンバーのレスポンスアップ

『Exchange Online』(メール・施設設備予約などスケジュール管理機能)を活用し、営業メンバーのレスポンスアップが図れます。
社内で使用しているPCなどの電子メールを、社外からスマートフォンやタブレットなどで、社内と同様に利用することが可能です。
ビジネスシーンに欠かせない電子メールを社外からチェックできることで、返信や連絡が可能となり、対応速度の向上が図れます。
   

交通費・経費の削減

『Skype for Business Online』(Web会議システム)を活用し拠点間をつなぐことで、会議やミーティングを行うことができます。
会議を行うために必要な機能、資料の共有やホワイトボードの機能などが実装されており、いつもと変わらない会議を実施できます。
”本社に集合して会議を行う”ことが必要なくなり、交通費や経費を抑え、時間を短縮することができます。

   

社内の情報共有

『Sharepoint Online』(情報・ファイル共有サイト、オンラインストレージ、アンケートなど)で、情報共有することができます。
ネットワークが発達した現在で、スピーディに情報を共有し活用することは、ビジネスの展開に大きな影響を与えています。
情報共有ツールとして社内の情報だけでなく関連ファイルなども管理でき、プロジェクト管理や営業管理を一元的に管理できます。

   

BCP・災害時の対策

『OneDrive』(オンラインストレージ)で、クラウド上に大切なデータの保管を行うことができます。
災害時に社内のデータが保管されているサーバーが被害にあった場合、データ消失などの大きな損害を与え可能性があります。
クラウド上でデータを保管する環境を構築しバックアップを行えば、大きな災害に巻き込まれたとしてもデータ復旧が可能です。

   

マルチデバイスの時代に対応したライセンス体系

Microsoft Office 365は従来利用しているMicrosoft Officeのライセンスを利用することも可能です。
Microsoft Office 365は、従来のデバイスへのライセンスと違い、各ユーザーへのライセンスとなり、社内デスクトップPCや、
外出時のノートPC、タブレットやスマートフォンなど、複数台利用ユーザーに対応したライセンス形態となっています。

   

尚価格、製品の詳細につきましては、こちらよりお問い合わせください。

PAGETOP