Interlude PDF(MSA for Magic uniPaaS)

帳票印刷に限らず帳票利用を自動化するクラウド時代の業務用PDFリーダー

Interlude PDF (MSA for Magic uniPaaS) は、業務システムにおける既存PDFリーダーの使いにくさを改善、機能見直しを行った、クラウド対応の印刷プレビューソフトです。帳票の必要な業務処理の流れを記憶し自動化します。

業務システムでPDFを利用する場合のデメリット

業務システムで Interlude PDF (MSA for Magic uniPaaS) を利用した場合のメリット

業務システムで Interlude PDF (MSA for Magic uniPaaS) を利用すると・・・

Interlude PDF 概念図

特長

  • APからの定型印刷をすべてSky PDF出力と考えるため、開発時にプリンターによる相違を考慮する必要がありません。
  • Web上のPDFファイルを対象ファイルとして直接指定可能です。
  • 業務ソフト運用で必要なプリンター指定、用紙、カセット指定、印刷マージン、縮小印刷、両面印刷、ホチキス止めなどを帳票単位に固定化、あるいはデフォルト化することが可能です。
  • ユーザーが指定した詳細な帳票印刷を記憶し、次回印刷時のデフォルトとすることも可能です。
  • 指定したフォルダーへ指定したリネーム規則で自動的にファイル出力することができます。文書管理ソフトなどへの連携に便利です。
  • ファイル出力する際、PDFセキュリティを付加し、印刷できないPDFなどを作成可能です。また、PDFの持出しを制御可能です。
  • MSA単体で指定ページの再印刷が可能です。セキュリティのため、スプールOFFにすることも可能です。
  • 宅配伝票などプレ印刷用紙への印刷も、オーバーレイによりイメージ通りに印刷プレビューできます。印刷時には、プレ印刷部分以外の出力をすることが可能です。
  • コマンドラインオプション起動で、プレビューなし(サイレントモード)で、指定通りの印刷、ファイル出力が可能です。
  • (オプション機能)URLを指定するだけでインストール可能。(通常インストールも可能です。)
  • (オプション機能)URL指定インストールの場合、バージョンアップ管理も一元管理可能です。
  • (次期バージョン)シヤチハタ電子印鑑を自動押印することが可能です。

機能一覧

印刷プレビュー機能 ページ移動、拡大、縮小、検索
プリンター設定記憶 帳票単位にプリンター設定及びプリンタープロパティー設定可能
実行時設定記憶 ユーザーによるプリンター設定を記憶する機能
OFFにすることも可能
ファイル出力機能 jBOLTまたは、他のシステムとの連携用
出力時にセキュリティーを付与可能
HTTP対応入力 Webサーバー上にあるPDFファイル及び設定ファイルを指定可能
ファイル出力セキュリティー ファイル出力時にPDFセキュリティー属性・パスワードを付与することが可能
ロック&抹消機能 プレビュー中のPDFを持ち出しできないよう制御
印刷セキュリティー 印刷帳票に印刷セキュリティー情報をあらわす
小さなQRコードを付加することが可能
スプール機能 単体での再印刷が可能
スプールOFFにすることも可能
スプールは暗号化されます。
印刷機能 管理者の指定した固定プリント、
ユーザーも編集できるデフォルト設定プリント、
ユーザーの前回設定をデフォルトとする印刷
など多彩な印刷制御が可能
オーバーレイ機能 プレビュー時、画像ファイルをオーバーレイ可能印刷時はOFFにできる
バッチ処理機能 画面表示なしで印刷、ファイル出力、
セキュリティー機能を実行可能
自動インストール
(オプション機能)
URL指定でインストール可能
バージョンの一元管理可能
電子印鑑押印機能
(次期バージョン)
バッチ自動押印、手動押印、押印位置自動検出機能

動作環境

  • Windows 7,Windows VISTA,Windows XP
  • Magic uniPaaSが動作する環境で動作いたします。
  • SkyPDF for MAGICが別途必要になります。

尚価格、製品の詳細につきましては、こちらよりお問い合わせください。

PAGETOP