Interlude7

 

帳票の設計・印刷アシスタントツール

 
 

 
 

業務の帳票印刷に必要な機能を備え業務効率を改善します

 

 
 

概要

  • 評価版ダウンロード (2010/08/17)
  • アップデート情報 (----/--/--)
  • 製品版ヘルプ (2010/08/17)

Interlude7はWindows7に対応した帳票印刷のアシスタントツールです。印刷イメージをそのまま画面上に表示する機能はもちろんの事、画面上での設計をより多彩かつ高度に行うことができます。単純なテキスト印刷から高度なオーバーレイ印刷、プログラムソースの印刷もバーコードの印刷もInterlude7がすべて請け負います。

画面に表示させない直接印刷モード、指定ページだけをダイレクトに印刷や、オフコン並みのスプール機能など、もう印刷するためのプログラムを自作する必要はありません。

Interlude7 の基本機能

業務の帳票印刷に必要な機能を意識して開発されています。

非常に小さなモジュールひとつで動作しますので、モバイル環境やクラウド環境での応用も可能です。

また、通常であれば、ワードなどから印刷するように、出力プリンタが決まった帳票であっても、その都度プリンターやプロパティを指定しなければならないようなクラウド環境であってもInterlude7なら、定型化することができます。

多数のプリンターのプロパティ設定を記憶し印刷時に利用できます。

アプリケーションの印刷時におけるプリンター切替え、給紙カセット、縮小設定及びプリンター固有の機能も記憶します。

SkyPDFにも対応しています。

パスワードや署名、属性をもったPDFをアプリケーションからバッチ処理で(サイレントに)作成することが可能です。

dbMAGICレガシーマイグレーション

テキスト形式印刷が使用されている場合、改行幅や4倍角などのコードも解釈して印刷が可能になります。さらに、きれいなプレビュー画面で確認後印刷というような機能を簡単に追加可能です。

各種バーコード(QRコードなど多数)

業務用アプリケーションにて、簡単にQRコードを含む他種類のバーコードを利用することが可能です。テキストベースの帳票にQRコードを含むバーコードを簡単に追加できます。

印刷・表示できるバーコードの種類

  • JAN
  • EAN
  • UPC(Aバージョン)
  • UPC(Eバージョン)
  • CODE39
  • ODE128
  • EAN128
  • NW-7 (CODA-BAR)
  • ITF (Interleaved 2 of 5)
  • 短縮JAN
  • 郵便カスタマバーコード
  • QRコード (2次元バーコード)
バーコード機能使用例

次のような1行をテキストファイルの中に埋め込むことで、2次元バーコードを印字できます。

$BARCODE=株式会社マイクロリンク,QR,50i,100i,100i,100i

この例では、X座標0.5インチ、Y座標1インチの用紙の位置に縦、横1インチのサイズでQRコードを表示します。QRコードのデータは"株式会社マイクロリンク"となります。

Interlude7 の概念
アプリケーション組込対応機能 業務帳票印刷に必要なバッチ化機能コマンドライン呼び出しで様々な印刷方法を制御可能。
TEXT帳票印刷機能 TEXT帳票をマージン、改行幅などを指定し、ラインプリンタイメージで、設計、印刷ができます。
TEXT帳票開発機能 カラム、インチ、センチ単位での帳票設計が可能です。
レガシープリントエミュレート dbMAGICでWPDRV属性付のテキストを印刷する場合、印刷プログラムはそのままで倍角、4倍角などを表現します。
描画スクリプトによるオーバーレイ機能 イメージ、図形、バーコードなどをオーバーレイできます。
帳票単位のプリンタプロパティ記憶機能 帳票毎にプリンタ固有機能まで記憶し、利用することができます。
SkyPDF対応 バッチ処理でパスワード付など様々なPDFを生成できます。
印刷プレビュー機能 アプリから直接プレビュー画面を呼び出せます。プレビューなしの直接印刷で呼び出しも可能です。
印刷スプーラ機能 Interlude単体で任意ページの再出力が可能です。

Interlude 7の新機能

Windows Vista, Windows 7, Windows 8(8.1) 32bit・64bit,Windows Server 2008 R2に対応。

タッチパネルには非対応です。

デスクトップモードのみ有効です。(モダンは非対応)

Windows Server 2008 R2 ターミナルサービスに対応しました。

長い名前のプリンター名に対応しました。

SkyPDFに対応しました。

Interludeを通してバッチ処理で任意の名前のPDFを作成できます。

Interludeを通してSkyPDFのプロパティを操作できます。

たとえば、パスワード付PDFの作成や、印刷不可などのPDF属性をバッチ処理でコントロールできます。

Interlude7の効果とメリット

  • アプリケーションからの印刷を画面上で確認できるため、作業効率が高まります。
  • 印刷イメージそのままに確認できるので、余分な印刷を必要とせず開発コストの削減につながります。
  • ルーラ(目盛り)やグリッドを表示させることができるので、細部の設計も簡単にできます。
  • 画像イメージも簡単に貼りつけることができ、ロゴやマークなどを含んだ表情豊かな帳票が作成できます。
  • バーコードを含んだ帳票も自由自在です。
  • 専用帳票もオーバーレイ印刷や座標登録機能などで簡単に設計することができます。
  • 任意のページを再出力することもできます。
  • 様々な制御コードはすべてカスタマイズ可能。Interlude7のために新しく覚えることは何もありません。
  • その他、数多くのメリットがあります。

Interlude7の機能一覧

Interlude7には設計に関する以下の機能があります。

  • ボールド体(太字)指定
  • アンダーライン(下線)指定
  • イタリック体(斜体)指定
  • 網掛け指定
  • フォント体指定
  • 文字間隔指定
  • 行間隔指定
  • 拡大文字指定(縦横別指定)
  • 回転文字指定
  • 色指定
  • 図形描画(直線・矩形・楕円・円弧など)
  • バーコード(JAN13・JAN8・ITF・NW7・CODE39・UPC・郵便カスタマバーコード・CODE128・EAN-128・二次元バーコード)
  • TrueTypeテキスト描画
  • 座標記憶による設計
  • 壁紙指定によるオーバービュー設計

その他、ファイル挿入など多彩な機能が揃っています。

Interlude7の特徴

アプリケーションから出力した印刷イメージをそのまま画面で確認

アプリケーションからの出力された印刷データを印刷のイメージそのままに画面上に表示します。
印刷前に確認できれば、用紙を無駄にすることもなくなりますし、印刷が終わるまでの時間も短縮できます。

Interlude7はデータ作成という楽曲と印刷という楽曲の間を奏でます。

ルーラ(目盛り)やグリッドなどで設計も簡単

画面表示の際にはルーラやグリッドを表示することができます。

また、座標登録機能を使用すれば細かい数値計算から解放され、画面上で設計を行うこともできます。

Interlude7を使用すれば、微調整を繰り返すたびに印刷をして確認する必要も、プログラムを修正する必要もなくなります。

Interlude7は設計という楽曲と印刷という楽曲の間を奏でます。

画面設計はそのまま印刷設計に

Interlude7の画面上で設計すれば、それがそのまま印刷設計に早変わり。

開発コストの削減にも大きくつながります。またInterlude7はプリンタドライバに依存しないため、開発と納入先のプリンタが異なってもそれを意識しなくても大丈夫なのです。

Interlude7は画面という楽曲とプリンタという楽曲の間を奏でます。

Interlude7でロゴの印刷も自由自在

Interlude7では画像も簡単に印刷データとして採り込むことができます。

会社ロゴを入れることも、バックグラウンドにマークを入れることも自由自在にできます。

また多彩な図形描画機能を駆使すれば明細枠の多い帳票なども、専用帳票を用意することもなくなりますし、画像にして採り込んでしまえばInterlude7が専用帳票を印刷することも可能になります。

Interlude7は画像という楽曲と印刷という楽曲の間を奏でます。

バーコード印刷もInterlude7なら簡単

バーコードの印刷をする機会も増え、そのたびに印刷プログラムを作成するなんてこともInterlude7を使用すれば解消されます。

Interlude7では簡単な設定で、JAN CODE39 ITF NW-7 短縮JAN UPCのEバージョン 郵便カスタマバーコード CODE128 EAN-128 QRコードといった多彩なバーコードに対応。サイズや位置も自由にバーコードを多数含んだ帳票設計も自由自在です。

Interlude7はバーコードという楽曲と印刷という楽曲の間を奏でます。

画面非表示で直接印刷することもできます。

Interlude7がどんなに優れているとはいえ、印刷のたびに表に出てくるのでは煩わしくなります。そんな時には直接印刷モードで、Interlude7をまったく表示させずに印刷アシスタントに専念させることができます。

Interlude7を非表示で使用すればあなたのアプリケーションはたちまち高度な印刷機能を持ったアプリケーションに変身します。

Interlude7はアプリケーション開発という楽曲たちの間を奏でます。

再印刷の手間も激減

従来、集計処理の印刷などでは部分的な印刷をすることが困難なため、印刷に失敗した場合などは改めて再処理をする必要がありました。

このため、集計処理の場合などはそのためのリカバリツールを作成する必要があるなど、その苦労は図り知れませんでした。

Interlude7では印刷データはすべてテキストファイルとして出力されているため、再処理などで新たに再出力する必要はもちろん、指定ページだけを任意に印刷することができます。このため、印刷エラーなどのリカバリも容易にしかも特別な時間をかける必要もなくなります。

その他にはこんな機能があります

印刷フォントは自由に変更可能です。筆文字を使用して住所録アプリケーションと組み合わせればたちまち年賀状ソフトの完成です。

ヘッダを使用すると多ページに渡る帳票にページ番号や飾りなどのデザインを入れることができます。

印刷を禁止した状態で起動することができるため、ビューワとして使用することもできます。また設定画面を抑制することができ、クライアントの設定変更による動作不良を抑止することができます。

数多くの制御文字はすべてカスタマイズ可能です。覚えやすい文字にカスタマイズすることで、プログラムの工数短縮にも繋がります。

尚、製品の詳細、価格につきましては、マジックソフトウェア・ジャパン株式会社
または、マジックソフトウェア・ジャパン株式会社各営業所へお問い合わせください。

PAGETOP